西表島(沖縄県)

マングローブ林。

亜熱帯を感じさせる大自然の島。

 

沖縄県内の離島では、

沖縄本島に次いで2番目に大きい西表島。

人口約2,200人 周囲160km。

 

島の90%を森林に覆われて、

海に近いところまで森林があるので、平地はあまりなく、

内陸や西海岸を車で通ることはできず、

島を1周することはできない。

 

また信号は島内に2つ。

子どもの教育のために設置されている。

 

2012年9月25日(月)に、

波照間島から西表島入り。

 

港に着くと、嬬恋キャベツが。

思わぬ同郷との遭遇。(笑)

 

生鮮食品もみんな船でやってくる。

まさかこんなところで群馬野菜が食べられているのは驚きです。

 

島の面積が広く、自転車を断念。

レンタカーでの移動。

 

大自然そのものが島の魅力ですが、

マングローブクルーズや、カヌー、ガイド付きのトレッキングなどの

エコツアーで楽しむものばかりで、

 

わたしはひとりでふらふらと探検をするのが好きですが、

どうもそれでは楽しめないなと、

 

取りあえずマングローブクルーズに乗ってみました。

 

島には、たくさんの川が流れていますが、

仲間川のクルーズです。

 

 

日本にもこんなところが・・・

 

と思ってしまうような、亜熱帯の大自然。

 

クルージングは60~70分で1500円です。

 

サキシマスオウノキ。↓

 

神秘的なものを感じました。

 

クルージングが終了してからは、

レンタカーで島内のドライブに行きましたが、

 

東海岸にしか道がないというのに、

とても広いので、

「移動」がメインになってしまいました。

 

車から見える景色を楽しんだ感じです。

 

トレッキングやカヌー、キャニオニングなど、

アウトドアが好きな人には本当にお勧めの島です。

 

亜熱帯の大自然を肌で感じられます。