佐渡島(新潟県)

「お鮨を食べに、ちょっと佐渡島まで来ました」

 

それが言いたくて、

佐渡島までわざわざ行ってみました。

 

これが、わたしの島旅の始まりです。

 

2011年9月のことでした。

 

島で食べたお鮨は美味しかったです。

せっかくだからどれも食べようと、欲をかいた注文の仕方をしたら

鮨屋の大将に叱られ、大人しく島の幸を使った握りを注文。

新潟県寺泊港(中之島見附インターから30分くらい)から、

片道2,800円くらいで高速船が出ていて、

所要は片道1時間15分くらい。

 

ちなみに、新潟から佐渡島へは3航路あって、

直江津港・新潟港・寺泊港、

それぞれ発着場所と船の種類(高速船・フェリー・ジェットフォイル)

が違います。

単純観光なら寺泊からの高速船が料金・速さ的にもおススメです。

 

佐渡島は、島というか大陸。

あまりに広く、レンタカーを借りても、1日では回り切れず。

また、コンビニやお店もあり、あまり不便なことは感じませんでした。

今思うと、一人旅というよりはファミリー旅行、

あとは自転車乗りにおススメかも知れません。

 

佐渡島を調べているときに、

見つけてしまったのが、その上方にある小さな島、「粟島」。

この島との出会いが、以降、離島にのめりこむ入口でした。