永遠の0(百田尚樹)

永遠の0  (2006年 太田出版 百田尚樹著)

 

 

とても、いい作品でした。

戦争をテーマとした、作品ですが、読み終えた後に

不思議とあたたかい気持ちになりました。

 

知人は、この本が昨年読んだ中でのベスト1位と言っていました。

 

わたしも、涙が止まらなくて、休憩を挟まないと

読めないほどでした。

 

ストーリーは、

大学を卒業後も、のんびりと司法浪人を続ける健太郎に、

出版社で働く健太郎の姉が、

祖父のことを調べたいと協力を要請するところから始まります。

2人には、やさしいおじいさんがいますが、

その祖父とは血の繋がりがなく、

実の祖父は第二次世界大戦の特攻(特別攻撃隊)で亡くなったと言う。

その実の祖父についてを、戦後60周年の特集で調べたいと言う姉。

 

戦争を知らない世代である、姉と弟が、

戦死した祖父のことを覚えている戦争体験者を訪ねて行くと言うお話です。

 

タイトルの「0」はパイロットであった彼らの祖父が載っていた

零戦からきています。

(特攻=特別攻撃隊。爆弾などの兵器による攻撃ではなく、

 パイロット自らが飛行機ごと敵に体当たり攻撃をする、

 死ぬこと前提の攻撃)

 

実際知っていた(と思っていた)はずの戦争と、体験者が語るものと、

当時の彼らの想いや、時代の中での祖父たちのこと、

発覚する事実などを通して、

いろいろな思いに頭を悩ませ揺れて行く健太郎と姉。

 

そして、本当のこと、祖父(や当時の人たち)の想いを知った時、

感動(と言う言葉ではないかもしれない)と言うか、

なんとも言えない気持ちで胸がいっぱいになります。

 

 

健太郎や姉は、祖父がどんな人間だったか、

戦争が実際はどんなものだったか、何も知らないところからのスタート。

同じく戦争を知らない、姉の仕事関係者は

特攻を「愛国に狂ったテロリストと変わらない」と言う。

 

ただ、幸運と言えるのは、

直接祖父を知っている・戦争体験者の生の声が聞けたことかもしれない。

 

以前に映画に関係する人から言われたことがあって、

その時は「戦場でワルツを」って映画だった思うけど、

「長い間、戦争体験者は、(その悲惨な体験から)口を閉ざしてきた。

それが、今やっと、(当時のことについて)口を開こうとしている。

それを、今聞かないなんて、こんなにもったいないことはない。

(彼らの年齢的にも、その話を聞ける最後のチャンスだと言うこと)」

 

作中でも、健太郎が、あと数年遅かったらもう聞けなかったかも知れない。

と言うようなセリフを言っています。

 

わたしも、正直、戦争についてほとんど知識がありません。

学生の頃に、歴史と言う科目で日本の成り立ちについて、

何度も学んできたつもりだけど、戦国武将とか幕府とか、

そういうものに比べて、戦争史や戦後のことはほとんど知らない。

 

涙が止まらなくて一気に読んだ後半に比べ、

前半部分は随分と時間をかけて読みました。

 

零戦のような攻撃機と、米国のB29のような爆撃機の

役割の違いも知らなかったり、

太平洋戦争での戦局や、

名称の付く各戦い(カダルカナルやミッドウェーなど)の

詳細や結果・その意味など、戦争についての知識があまりに足りなくて、

ウィキペディアとかで調べながら読みました。

 

大きなくくりとしての戦争としてみれば、

今だからこそ、事実として得られることがたくさんあるけれど、

それでも実際、たくさんの情報が交錯して。

わたしたち日本は敗戦国で、

米国をはじめとする戦勝国からの政策を敷かれていたわけで。

どこまで、その政策が続いていたのか、正直分からないし、

(もしかしたら、現在だってその名残は色濃くあるのかもしれないし)

わたしたちが受けた教育にすら、それは強く表れているのかも。

(つまり、事実とは違う政策による考え方や認識が

刷り込まれている可能性だってある)

 

もちろん、戦時中にやったことは、絶対いけないこと、という前提で

ただ、日本は、全て自国が悪い、と言うか

原爆とか落とされて、軍部ではない民間人を大量に亡くしてもなお、

(言葉悪く言えば殺されて)

謝罪を続ける国であると、なにかで読みました。

どうして、戦争が行われてしまったのか、

知っている人は少ないし、いろんな説があって、

本当のことは葬り去られているのかもしれない。

 

もしかしたら、多くの罪をかぶせられたまま、

戦争裁判で亡くなった人もいるかもしれないし、

現代においては、英雄として語られる当時の人の中には、

そう言う人に罪をかぶせて、

悪行の真実を隠してしまった人もいるかも知れない。

 

現代の人に、当時の罪の意識を持て、とかは全く思わないし、

だけど、やっぱり少しだけ関心をもってもいいような気がしてしまう。

 

話がかなり逸れたけど、

そう言う、大きな戦争の話ではなくて、

この本は、戦争中に戦争の最前線で戦った人のお話で、

現在の言葉でいえば「会議室じゃなくて現場で起きている!」の現場側、

彼らにスポットを当てています。

 

零戦がどんなものだったか、

それに乗ったパイロットたちがどんな人だったのか。

特攻に出る彼らがどんな想いだったのか。

(経験のある熟練パイロットを特攻に出す成功率と、彼らを失う損害、

多くは学徒出陣による、大学生の即席パイロットの出陣。

これからの未来を担う人材の使い捨てのような作戦。

さらに、ここには詳しくは出てこないけど、

パイロットになるに値しない

赤紙で招集された人たちが歩兵として、各戦線で玉砕したり、

何万人の人が衛生面の病気や飢えで亡くなっていたり)

 

とにかく、一度読んでほしいなって思います。

読んで損はないと思います。

(できれば感想聞かせてほしいです)

 

現代とは全く常識も価値観も違った時代のことを、

現代の感覚で読んでいるにすぎないのかも知れないけど、

(わたしたちの言う「善いこと」が本当に「善いこと」の保証すらない)

この本は、本当にいい本だったなと思います。

 

そして筆者の見せ方がうまい。

放送作家と言うことですが、映画化しても崩れなそうな構成。

 

現代を生きる若者にぜひ読んでいただきたい1冊です。