恋文の技術(森見登美彦)

恋文の技術  (2009年 ポプラ社 森見登美彦)

 

 

くだらない。

とにかくくだらな過ぎる。

 

「恋文の技術」という、

聞いただけでも美しく素敵なタイトルを、

無残にもぶっ壊してくれるに足りるくだらなさ。

 

でも、おもしろい!

 

 

京都の大学院生が、

研究のために、能登半島はど田舎、まわりに何もなく、

研究以外に本当に何もないところへ赴いたのち、

退屈のあまり、京都の友人たちへ手紙を書き、

その手紙のやりとりの文面で進んでいくお話です。

 

物語は、全て手紙に沿って進んでいきますが、

その手紙を読んでいるだけなのに、たいていのことは

分かってしまう構成になっています。

 

ただ、登場人物が過去の作品と重なっていたり、

独特の表現もあるので、森見登美彦さんの

「四畳半神話大系」や「夜は短し歩けよ乙女」を先に読んでいた方が

より楽しめるかもしれません。

 

この話を読む前に読んでいた本が、

わりと真面目なものだったので、

読み始めた当初は、そのあまりのくだらなさに、

拍子抜けしてしまい、若干退屈を感じてしまったのですが、

途中からもう、笑いが止まらなくて。

 

特に、この友人が想いを寄せているという

伊吹さんという女性へあてた手紙が最高傑作。

 

想い人へ、いわゆる、「恋文」のはずなんですが、

うまく書けなくて全て失敗作に。

自己アピールをするあまり、ホラまで吹き出してしまいボツ。

現実をみようと、今度は自分の実情を述べると、

マジでこんなヤツやめた方が良いとまで書いてしまいボツ。

相手を褒めすぎて、意味のわからないことまで褒め出してボツ。

形式ばって「~の折り、~の候」とか書いてみてボツ。

古い表現や敬語は距離をうむから、親しみをこめて

「やっほー、僕だよ☆」と書いてみて気持ち悪過ぎてボツ。

 

どうしてボツになったか、その度反省して、

教訓を活かして書くのに、やることが極端すぎておもしろい。

 

本当にくだらないですが、おもしろい1冊です。

 

得るものゼロ(笑)

 

わたしも、割と、社会派の映画や、本などから

いろいろ得て生きている方ですが、

森見さんの作品は、

(本人も何かのインタビューで言っていましたが)

読んだところで何も得るものがない(笑)

 

そこが良いところなんですよね。

くだらないはずなのに、それを文学的に、ユニークにしちゃう

レベルの高さ。

ニクいです。