夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)

夜は短し歩けよ乙女   (2006年 角川出版 森見登美彦著)

 

 

京都を舞台にした、ちょっと現実的なファンタジー。

とってもユニークで面白いです。

 

やや、ヘリクツ好きな人にもおススメの1冊。

 

 

どちらかと言えば、ダメ人間寄り?な主人公の「先輩」は

「後輩」の黒髪の乙女に想いを寄せている。

何とか近づくことはできないかと、悪戦苦闘していく様子を、

様々なできごとを通しながら、

主人公と黒髪の乙女との両者の視点から、

京都を舞台に、とてもユニークな表現で進んでいくお話です。

 

 

何て言うんだろう、

ただの恋愛小説じゃないですよね。

 

はい、恋をして、もどかしい何かと泣ける波乱万丈があって、

最後はハッピーエンド!

みたいなそういう類のお話では全くありません。

むしろ、恋愛のお話だったことに(?)疑問符がついてしまうかも。

 

恋愛ベタな主人公が頑張る様がギャグ以外のなんでもない。

頑張って、なんとか黒髪の乙女に近づこう、関わろうとしていく、

その名も「ナカメ作戦」。

要するに、直接アタックとかできないし、行動に起こせないから

彼女の行動パターンを推測して、先回りしたり、偶然を装って、

「なるべく彼女の目にとまる」作戦。

 

外堀を埋めるのが大切だといいながら、

外堀だけ埋めすぎてしまっている状態を友人に指摘されると、

「真相を突くな!」と怒る。

 

出てくる登場人物のキャラはいいし、

言ってることがおかしいというか、アホ極まりないというか、

とにかくおもしろいです。

アホでしょ、と言いつつも、むしろ主人公に好感が持ててしまう。

 

表現が個性的なので、わたしは慣れるのに少し時間がかかりましたが、

ハマってしまうと、もうツボですね。

うすら笑いがとまらない。

 

森見登美彦さんのお話を読んだ後、毎回、

学生生活を京都で送ってみたかったな、という気持ちになります。

 

くだらないことが足りてない人は読んでみてください。

おススメの1冊です。