奇跡

奇跡 (2011年 是枝裕和監督)

 

 

九州新幹線全線開通を背景に、

両親の離婚によって離れ離れになってしまった、

小学生の兄弟(4年生と6年生)の視点から、

家族の交流と、子どもの友情を描いたストーリーです。

 

離れ離れになった家族で、

父親・母親それぞれに引き取られてしまった兄弟。

この設定だけを聞くと、すごくかわいそうで、

寂しいような気がしますが、

すごく前を向いた映画だと思います。

観終えたあとに、不思議な温かさを感じました。

 

 

全線開通した九州新幹線が

初めてすれ違うその瞬間を見ると、

「奇跡」がおきる、という話を信じる兄弟が、

離れ離れになって住んでいる、

それぞれの地の友人や周囲の人の協力を得て、

その瞬間を見ようと計画を立てて行きます。

 

 

主演の兄弟をまえだまえだが演じていますが、

予想以上の好演でした!お見事。

子ども同士の微妙な感じや、

思い通りにいかないふてくされた感じとか、

あと、「無邪気」さがすごく良くできていたと思います。

 

実際に無邪気なのと、無邪気さを演じるのは別物。

 

大人がやったらただの無神経だけど、

子どもだと無邪気なんですよね。

 

 

父に引き取られた無邪気な弟は、

父とも、新しくできた友達ともうまくやっている。

そのことが、母や兄からしたら、

すこし、さびしく、おもしろくない。

 

父に引き取られた弟が、母と電話をするシーンがあって、

母は、そろそろ弟が(自分と離れていることについて)

寂しくなっているんじゃないかと思い、

「寂しい、お母さんと暮らしたい」と言われるのを期待する。

でも、弟は全く無邪気なもので

庭に枝豆だかソラマメだかを植えたから、

それを育てるので、そっちにはいけないと平気で言ってしまう。

「寂しいでしょう」とはっぱをかける母に

「枝豆できたらあげるよ」、なんて返すから、

電話の向こうで母はポロポロ泣けてしまう。

 

このシーンがなんとも言えない。

 

 

大きなハッピーエンドも大事件も起きませんが、

さりげなく、しみる映画だと思います。

 

わたしは昨年シネマテーク高崎で観ましたが、

高崎映画祭でも上映するようなので、

気になった方は、ぜひ。

 

くるりのテーマソングが、

またなんとも言えなく良いです。