ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル 

(1997年 イタリア ロベルト・ベニーニ監督)

 

 

本当に素晴らしい作品です。

 

希望を捨てない大切さと、

家族の愛の素晴らしさを教えてくれる1本です。

(この言葉を聞いて、きれいごとだな、とか

 思った人は、まず観てからモノを言っていただきたい)

 

あと、将来、子どもを持ちたいという男性には

絶対観てほしいなと思います。

 

部隊は第二次世界大戦のイタリア、

主人公のユダヤ人男性グイドは、

小学校教師ドーラと出逢い、彼女に恋をする。

けれどドーラには別に婚約者がいたり、

その他たくさんの困難がグイドに覆いかかるけれど、

グイドはユーモアと人柄でそれを乗り越えて行く。

また、ドーラのどんな小さな願いも次々に叶えてしまったり、

ドーラを「お姫様」と呼ぶなど、

純粋でまっすぐでロマンチストなグイドに、

(映画を観ているこちらが胸をときめかせてしまうほど)

やがて2人は結ばれる。

 

そして2人の間に息子ジョズエが生まれ、

ユーモアにあふれたとても幸せな家庭を築くその頃、

戦況は悪化し、ユダヤ人連行が進み、

とうとうグイド達にもふりかかる。

もともと、ユダヤ人ではなかった妻ドーラは、

連行を免れたにも関わらず、愛する夫と息子と運命を共にするため、

自らの意志で、連行されてしまう。

 

絶望を目の当たりにしたユダヤ人強制収容所。

グイドは、息子ジョズエにそんな絶望を味わわせたくなく

ある嘘をつく。

 

「これはゲームだ。1000点取ったら戦車に乗って帰れる」

 

その嘘と、本当に一生懸命のグイドの努力で、

ジョズエは絶望の中を(それと気付かずに)上を向いて生きて行く。

 

というお話です。

 

もう、グイドの人間的素晴らしさに、涙が止まらないです。

本当に、「最期」まで彼は息子を不安にさせない。

世界一優しい嘘、と映画の批評で読みましたが、納得。

 

わたしも、自分の親と20数年接してきて思うけれど、

親って言うのは、本当にそういう局面にぶつかると、

平気で子どものために命を落とせてしまうんだろうと思う。

(実際、そんな局面はなかったけど)

 

わたしは子どもを育てたことがないので、

その感覚は分からなくて、

 

どちらかと言えば、

わたしの命と引き換えに世界を救ってあげるから、

翌日はちゃんと新聞の一面に載せてねー!

なんて、別の、名誉とかを残そうとしてしまいそうな気がする。

 

(ミスチルの“HERO”って曲みたいだ)

 

また、妻ドーラへの純粋でロマンチックな振る舞いも、

観ているこっちが心を奪われそうなくらい。

 

このお話は、フィクションだけれど、史実を基にしていて

ユダヤ人迫害という、とても、とても重いテーマで、

実際には残酷すぎてこんなに甘くないのが現実かもしれないけれど、

(ちなみに監督は実際に収容所にいたことがありますので)

 

でも、何か大切なものを胸の奥に、ぐっと

置いてくれるような映画だと思います。

 

「ライフ・イズ・ビューティフル」というタイトルがまた

なんとも言えません。

作品を観終わった後に、改めてタイトルを思うと、

やはり涙腺が刺激されます。

 

主人公グイドの人生はハッピーエンドだったのか、

映画の外側からみているわたしたちからすると謎だけど、

それでも、すごく素晴らしく美しい人生を生きたんだと思う。

 

こんなに恵まれた幸せな時代に生きるわたしは、

きっと、彼の生きた(感じた)人生の素晴らしさに勝てない。

 

 

どんな絶望の中でも、

絶対、上を向いて生きることの美しさ、というか。

 

人生は、その主人公次第でいくらでも美しくなる、

と思わせてくれる1本。