ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち (2003年 犬童一心監督)

 

 

とても好きな作品です。

 

恋愛と現実の中で、深く傷つけられたり、あるいは誰かを傷つけたり、

投げ出してしまったり、逃げてしまったことがある人には

ぜひ観ていただきたい。

 

 

ストーリーは、

大学生の恒夫(妻夫木聡)は、乳母車を押す不思議な老婆と、

その乳母車に身を隠し乗っている少女ジョゼ(池脇千鶴)と出会う。

少女は生まれながらにして障害を持ち、一度も歩いたことがないと言う。

身を隠して暮らす毎日。

 

恒夫は、ジョゼの家に頻繁に出入りするようになる。

また、恒夫には同じ大学に気になる女の子(上野樹里)がいるが、

なかなかうまくいかない。

恒夫とその女の子の関係に嫉妬したジョゼは言う「帰れ」

老婆からも、もう二度と来ないように言われた恒夫は

ジョゼたちから離れるが

 

しばらくしてから、ジョゼのお婆さんが亡くなったことを知る。

ジョゼの元へ急ぐ恒夫。

ジョゼは言う、「帰れ」「帰れ」「帰れ」

「帰れって言われて本当に帰るようなやつなんか、帰れ」

恒夫の背中を殴る。

「帰らんとってここにいて」

 

程なくして、恒夫はジョゼの家で暮らし始める。

ジョゼにとっては全てが初めての体験。

誰かを想うことも、想われることも、外の世界も。

 

恒夫の実家に、ジョゼを連れていくと言う旅の途中、

恒夫は結局それができなかった。

時が経って、2人は別れる。別れの時はあっけない。

ジョゼの家を出て、普通の女の子の所に戻る恒夫。

すごい顔をして泣きだす。

そして、ジョゼはまた1人で暮らし始める。

 

と言うお話です。

 

 

なんて言うか、ある意味すごいんだよね、この話は。

障害者の女の子を、結局男の子が捨ててしまう。

 

よくある映画の設定ではまず、あり得ない。

障害を乗り越えて幸せになるのが王道で。

 

でも、恋をすれば、捨てられることだって、

傷つけられることだってあると言う意味では

逆に障害者を平等に扱っているのかもしれない。

 

たとえ、これほどに切ない思いをさせられることが分かっていたとしても、

恒夫と出会わなかったら、

誰かを愛しく思うことも、愛おしく思われることも、

抱かれることも、

普通の女性と同じように経験していくことはなかったかも知れない。

 

この映画を観て、すごく不思議だったのが、

ジョゼの家を出て行く恒夫が、すごい顔して泣いているシーン。

だって、この人、捨てたわけでしょう。

結局、普通の女をとったわけでしょう。

なんで、こんなに泣くんだろう?と。

 

とある映画関係の方に、この涙の意味を質問したことがあって。

その人は、すごく尊敬する人なんだけど、こう言ってました。

 

「20代中旬の男の子って、すごく微妙な時期で、

社会に出てやっと一人前になって

あらゆる面で成長しようとしているんだけれど、

まだ未熟な部分もたくさん抱えて葛藤していて。

 

そんな時期に、自分では受け止めきれない大きな壁や問題にぶつかると

逃げてしまうことがある。

あの涙は、自分がそのことから逃げた、と言うことをこれから先の人生、

一生背負っていくことを悟った涙だ」と。

 

深い。でも、納得する。

いつまでも引きずる男の子に対して、

女の子って、踏み台にして、より前に進んだりする。

 

映画だから、観ているわたしたちは、

彼がすごい顔をして泣いたことを知ってるけど、

ジョゼはそのことを知らない。

知らないほうがいいと思う。

 

映画で、ジョゼが今まで一度も1人で家から出なかったのに、

ラスト、1人で外に出て行くシーンがなんとも言えなく好き。

 

この映画が好きだって言えてしまう人は、

もしかしたら、「ダメ」なのかもしれない。

(どっかで自分が男だったら、こうはならない、と思ってたり)

 

ぜひ、20代の、恋愛で苦い思いをしたことがある人たちに

観ていただきたい一本です。

 

あとね、テーマソングのくるりの「ハイウエイ」がまた素敵。

この曲を聴くと、不思議な空気に包まれる感じがする。

人生のテーマソングを選ぶならこの曲だと思う。