日本一小さいから日本一大きいへの逆転劇。足尾の交番。

群馬県桐生市:桐生駅と栃木県日光市:間藤駅を結ぶ、

わたらせ渓谷鉄道。

 

通称を「わてつ」と聞いていましたが、

地元の方に聞くと実は「わたけい」と呼んでいるらしい。

 

この区間をトロッコ列車が走っていて、

車窓から見る景色が本当に美しく、

 

特に紅葉の時期は、大好きな群馬の風景の1つです。

 

2013年11月10日に乗車。

 

このトロッコ列車は、一度は乗ってみることをお勧めします。

 

この年は残暑~急に寒くなったので

紅葉が失敗、とのことでしたが、

それでもキレイでしたよ。

 

1時間くらい贅沢な時間が過ごせると思います。

 

ただ、トロッコに乗る場合は、予想よりも寒いので、

防寒対策をお忘れなく!

 

到着したのは通洞駅↓

 

乗車したのは大間々駅です。

 

降りてみると、本当に何もなくて。

ビックリ。

もう少し観光地かと思いましたが、コンビニもご飯食べるとこもない。

 

取りあえず散策してみることに。

 

路地や街の様子を見ながら散策しましたが、

とにかくお店のようなものは何もなく、

 

トイレに行きたいな、と思ってもなく。

さて。とその時に交番が。

 

交番ならトイレを貸してくれるだろうと、

訪ねてみるところに。

 

お巡りさんが1名いらして、

快く貸してくださいました。

 

ずいぶんと大きな交番だなあ、と

お話を伺ってみると、

 

以前、足尾銅山などで街が栄えていた頃は警察署だったのだとか。

その時は日本一小さな交番だったらしいです。

 

で、銅山閉山で、人がどんどん減って警察署から交番に変更。

なんと、日本一大きな交番へ。

 

見事な逆転劇。

 

この後足尾銅山跡を観光。

 

観光地っていうか、なんだかホラーでした(笑)

 

いやげもの、いっぱい売っていた。

(笑)

 

 

でも、トロッコ列車は本当におススメなので

一度は乗って欲しいです。