国宝みうらじゅん「いやげ物展」に行ってきた。

国宝みうらじゅん「いやげ物展」

 

パルコミュージアム(渋谷パルコ1・3F)

1月17日(月)から2月3日(月)まで開催。

 

最終日の前日に知り、ギリギリ滑り込みで行ってきました。

 

さすが、みうらじゅん、という

ロクでもなく素晴らしいイベント。

 

通常、観光地などで売っていて、

買ったに人も、もらった人にも喜ばれるのは「みやげ物」。

 

しかし、どう見ても「なんでこれ売っているんだ?」

と疑問の浮かぶものがある。

それがみうらじゅん曰く、「いやげ物」

 

 

補足を入れれば、

こんなの買うやついないだろ、とか

人にあげても絶対迷惑!と言いたいけれど、

それらのある意味お宝を買い集め、

ついには国宝展(笑)まで開催してしまうあたりが、

みうらじゅんのすごいところ。

ポスターはこんな感じ↑

↑みうらじゅん氏より

「土産物とは、そもそも買った者も貰った者も

大喜びする前提で作られるべきなのですが、

どうもイマイチ。

いや、それどころか“一体、誰が買うんだろう?”と、

店先で疑問を投げかけてくるものがあります。

それがすなわち『いやげ物』であって、

私は何十年にも渡り、日本各地を回って集めてきました」

↑謎の置き物たち。でも、売ってるよ、こういうの。

↑カスハガの世界。

カスハガ、とはカスのような絵葉書のこと。

こんなの、本当に売れると思って作ったのだろうか。

↑あるね、あるある。

でも京都に混じってなんかシャ乱Qがいるよ!

↑ゆるキャラグランプリなんかに惑わされていません。

↑湯のみ。飲まないだろ、いや、飲めないだろ。

↑もはや絶滅危惧種の使い捨てカメラ。ご当地バージョンだー!

その旅行で使い切らないと、「草津温泉」とか書いてあるのを

ハワイにも持っていくハメになるそうだ。

↑持ってた!これ持ってた!マタギが2人いるやつ。

二穴オヤジって言うのね。

その場所のお土産だと思って買ったら、

どの観光地にも売ってるやつ。

穴に鉛筆入れるので使い方あってたかな?

↑なんと!二穴オヤジ体験セットが。

さすがにできなかったよ。

↑金プラの世界。修学旅行の京都とかで買って、

まだインテリアとして飾ってる人がいたら会ってみたい。

↑5円お母さんとかいて、もはや意味不明。

栓抜きは「ヘンヌキ」というらしい。抜けま栓。

↑テレホンカード。テレフォンカードじゃないよね

テレホンカードだよね。

 

 

と、一部ですがこんな感じです。

見ごたえバッチリでした。

 

撮影禁止、じゃなく、

撮影大歓迎、発信OKというあたりが分かっていらっしゃる。

 

入場口でシルバーの袋に入ったお土産?もらって、

あけてみたら「カスハガ」1枚入ってました。

 

このセンスたまりません。