前橋にも大雪。雪まつりをしてみた。

2014年2月8日。

数年ぶりの大雪、ということで大きく騒がれた。

 

ニュースで見るに、都内もすごかったけれど、

群馬でも大雪に。

 

群馬というとスキー場も多いし、

雪のイメージが強いけれど、

実際のところ、それは山間部の話で、

前橋・高崎の都市部に雪はめったに降らない。

 

こんなに積もったのは何年振りだろう。

 

土日にぶつかったため、大きな困難もなく雪は解けたけれど、

みんなが雪かきをして、

かまくらを作り、雪だるまを作っていた。

 

こんなに雪を楽しめることを微笑ましく思う。

 

雪だるまは、わたしたちが知っている、

大きな丸の上に小さな丸を載せて手を付けたもの、

にいろいろ細工をしたり、

その域は優に超え、もはや芸術オブジェのようなものが登場。

 

かまくらも、山を作って中の雪を掻き出す方法と、

レンガのように積み上げていく方法と、

2種類あるのをSNSの書き込みで知った。

 

暮らしを楽しむってこういうことですね。

 

家でずっと本を読んでしまったので、わたしも負けじと

家の前で雪まつりをやってみた。

左から、スフィンクス・ピラミッド・エッフェル塔・スカイツリー・富士山